腸内環境で体内の健康も変わる|お腹の調子は体調管理のキーポイント

女性

美容に良い朝食の定番

シェイク

青野菜と果物の飲み物

グリーンスムージーは青野菜と果物を中心にした材料で作る飲み物です。芸能人や美容に敏感な人が朝食によく取り入れています。それまでの野菜ジュースとの違いは、野菜ジュースが繊維質を取り除くのに対し、グリーンスムージーは食物の成分まるごと摂取するという点です。簡単に作れて生活に取り入れやすく、美容にいいという点が受け、様々なレシピの情報が手に入り、この数年ですっかり定着しました。最近は低速で低温の、細胞を出来るだけ壊さずにすりつぶせるジューサーが販売されています。これもグリーンスムージーブームの結果と言えます。今後は、よりグリーンスムージー向けの新しい野菜の開発や、画期的な便利グッズなどの発売も予測されます。

自作する上での注意点

グリーンスムージーを作る上での注意点としては、まず全て生の野菜や果物を使うという点です。生の青野菜はどうしても青臭さが飲みにくくなる原因ですが、火を通してしまうとビタミンや酵素が壊れてしまい、野菜の持つ成分が無駄になってしまいます。小松菜やほうれん草が青野菜としては定番の食材です。また、果物を使う場合は、出来れば皮をつけたまま丸ごと利用すると、より体にいい栄養素を多く摂ることが出来ます。例えば、リンゴの皮は多くの人が食べると思われますが、オレンジの皮はなかなか食べないものです。しかし、果物や野菜には皮にいい成分が多く含まれていることが多く、皮ごと食べることで無駄なく摂取できます。すりつぶすことで飲みやすくなります。